ニキビ治療や肌トラブルの改善NAVI│目指せツルリンお肌

綺麗な肌になるために

女の人

ニキビと戦うために

ニキビは主に思春期頃からできることが多くなります。顔にぶつぶつとできるため、気にする人も多いと言えます。もちろん赤ちゃんのときにはニキビはできないのですが、思春期になると心のバランスや体の成長に合わせたホルモンバランスの崩れなどからできるようになるのです。これを治療するには皮膚科にいくのが1番良いとされています。ニキビの治療のために、様々な市販の薬もありますが、1番治療効果が高いのがクリニックで受診することなのです。また、ニキビができた場所にニキビ跡が残る場合もあります。よくあるのが、ニキビをつぶしてしまい、ニキビ跡が残るということです。また、薬など肌に合っていないものを使うことで残る可能性があるのです。

跡をなくす方法は

ニキビとおなじようにニキビ跡も治療をしなければ良くなりません。主に、クレーター状でボコボコするような肌であったり、ピンポイントで跡が残ったりします。もちろん、ニキビができた時に触らないということが大切にはなりますが、手がふれてしまったりすることでどうしてもニキビ跡が残ってしまうことも大いにあり得るのです。そのニキビ跡の治療にはレーザーなどを使う方法や、皮膚のターンオーバーを増やすための方法などいくつかあります。基本的に跡が残る人は肌のターンオーバー、つまり入れ替えがうまくいっていない可能性があるのです。そのため、皮膚が新しいものに生まれかわらず、汚いままになってしまうのです。内服薬と外用薬を使って治すことが必要です。

Copyright© 2017 ニキビ治療や肌トラブルの改善NAVI│目指せツルリンお肌 All Rights Reserved.